医者の側こそ、結婚相手を求めているという真実

医者だって男、という話は既にしました。こちらのページです。

 

これは何も、性的な意味で言っている訳でもありません。確かにそういう意味合いが強い部分も時にはありますが(医者だと言っても立派に成人した人間ですからね)、それよりも医者ならではの「結婚しなければマズい理由」というのがあるのです。

 

それは。。。
端的に言ってしまうと、後継者問題です。これは特に、地元に地盤を持つ開業医によくあるケースです。
勤務医であっても、これからその地元に根づこうとしているのであれば、同じく、です。

 

医者というのは、一種ステータスではあります。これは医者夫人にも、また当然医者本人にも、です。
そのステータスは、一生モノです。人生が終わるその時まで、引退しても「先生」なんです、医者は。
ですから、その権力というか、力は絶大なもので、地元に対して強い影響力を持っています。

 

ただそれも、あくまで「地元に根づいたら」という話。大病院の1勤務医では、こういったステータスは発揮されません。
逆に言うと。地元に根づいている医者にとっては、自分の後継者がいると、それだけで「大先生」になれるのですから、医者本人が自分の後継者として子供を育て、医者にしたい、と思うのは当然の流れです。中には、医者としての実績や肩書きを使って、選挙に立候補したいと考える人までいます。しかもそういうタイプほど生涯野心家で、収入の流れが止まる事が絶対ありません。

 

そういうタイプの医者結婚すれば、まさに一生安泰です。もちろん苦労は付きまといますが。

 

政治家にまでならないまでも、地元の大先生として権威を持ちたい、と思っている医者は星の数ほどいます。
むしろ、「自分は権威なんて……」と言っている医者ほど、権威の味を占めた瞬間から、変わります。名声欲、というのは本当に人をギラギラさせる力があるものです。

 

そのように、名声に目覚めてからは、どんな人でも寄ってきます。そうなってからあなたが婚活を仕掛けても、遅いのです。
名声に目覚めてからは、医者側が俄然積極的に婚活などをします。それこそ相手はどんどんそのギラギラ・収入にたかってくるので、むしろ何か秀でたものがないと、選ばれなくなります。

 

ですので、まだ医者が「未開」のうちに、刈り取らないといけないのです。
医者の側が、まだほのかに「結婚したいなぁ」なんて言ってる間に、さっさと結婚相手に名乗りを上げる。そうすることで、あなたに「一生涯の安心」が振ってくるのです。

 

医者という職業は、景気の動向などに一切左右されない素晴らしい職業です。
弁護士のように飽和もしないですし、また本人も頭が良いですから、その子供を育てるのも、楽しみです。
あなたが医者結婚すれば、セレブになれると言う目先の話だけでなく、子育ても楽しいものになります。

 

当然、習い事でも塾でも名門幼稚園・小学校でも、自由に行かせられます。それが出来る能力のある子供が、生まれるのです。
あなたは一生の選択を、今始めますか? 始めるのであれば、トップページから「ヒント集」を求めてください。

 

トップページに戻る

広告

医者が結婚を求めている理由関連ページ

医者だって男
医者と結婚する方法というのは、一般的には語られません。激務のお医者さんと出会うことすら難しい中、この方法で行けば、難しさを感じずに医者と結婚できます。
医者の婚活事情
医者の婚活事情を知ると、実は医者は結構結婚に手こずっている事を知ることが出来ます。実際、多くの開業医が、結婚したいと思っていても出来ないでいます。その理由とは。
医者婚活パーティーがダメな理由
医者と結婚する、となると、一番最初に浮かぶのは「職業限定婚活パーティー」ではないでしょうか? 医者限定であれば相手は全て医者だし……と思いますが、これが間違いなんです。